不動産会社の選び方の秘訣

不動産会社の選び方の秘訣(ひけつ)

一人暮らしをする場合に一番節約したいのはランニングコストがかかるものです。
その代表格が家賃です。
今回は【一人暮らしをするための部屋探し術として不動産会社の選び方の秘訣(ひけつ)と
女性にお勧めしたい東急目黒線エリア「武蔵小山」(品川区)】
についてお話します。
大手の不動産会社と地域密着型の小規模な不動産会社の違いについて解説します。
違いを知ってあなたのニーズにあったところで相談しましょう。
 
  • 地域密着型の小規模な不動産会社
 
地元だけにある小さな不動産屋さんは、大部分が(1)売買と(2)賃貸の兼業になっています。
ひとつの契約の利益が少ないからです。賃貸専門では経営が成り立たないのです。
シェアで考えると売買契約が8割で賃貸契約が2割という感じでしょう。
 
地元の不動産屋さんでも売買と賃貸の両方をしているところは売買契約がメインです。
賃貸はほんの片手間でおまけ程度の扱いです。
店舗の規模が小さくなればなるほど、この傾向はあります。
こういった理由から、店頭に賃貸の部屋探しに行った場合でも、冷たくあしらわれるようなこともあるでしょう。
全部が全部そういった不動産屋ではありません。多い傾向にあると捉えてください。
 
逆にその地域の情報・街の情報については断トツに詳しいです。
なぜならば地域の不動産屋さんは、その街に住んでいることが多いからです。
物件のオーナーが昔からの友達であるということは良くある話です。
 
オーナーと親しいからビックリするほどお得な物件を持っていることもあります。
普通ならばすぐに契約されるのですが、来店客が少ないので残っている場合もありますが、これが「掘り出し物物件」と言われているものです。
 
オーナーさんと親しいですから家賃交渉もしてくれます。
ここが大手の不動産会社と大きく違うことでしょう。このことは諸刃の剣です。
オーナーさんを大事にしていますから素行の悪い人はばっさりと断られます。
お店に入った段階で入居の審査はスタートしていると考えましょう。
 
  • 大手の不動産会社
 
一人暮らしを予定している人のほとんどは、大手の不動産会社を使って部屋探しをしています。
コマーシャルの影響力は絶大です。また店舗も多いです。目にする機会が多ければ多いほど信頼度が強いです。
また店内も街の不動産屋さんと比べると圧倒的に入りやすい雰囲気になっています。
 
大手の不動産会社は賃貸に特化しているところも多いです。
ひとつの契約に関して丁寧に接客をしてくれます。これは、町の不動産屋さんよりも営業色が強いことを示しています。
セールストークが巧妙で契約してしまうことが多いです。
 
ひとつの契約に執着するということは、逆に言えば家賃交渉もしやすいのです。
上手にかけひきをしましょう。オーナーとの家賃交渉も日常的にやっていますから、契約を取るために必死になってくれます。
 
大手の不動産会社は取り扱い物件が圧倒的に多いです。一人暮らしをする場合の選択肢は増えるでしょう。
特徴としては営業マンの出入りも激しいことです。新人営業マンも多いです。
 
  • いかがでしたでしょうか?
 
町の不動産屋さんと大手の不動産会社の様子は掴めたと思います。
あなたのフィーリングはどちらか合いそうですか?相性が悪いと思ったら遠慮なく他のところへ相談しましょう。
無理に決めることはありません。
 
部屋を見せてもらったからと契約しなければならないことはありません。
どんなにプレッシャーをかけられても借りたい気持ちにならなければ契約しないことです。
極論すれば不動産会社よりも、担当者の問題であるかもしれませんね。
営業マンの力量によって、あなたが望んでいる部屋が巡り合えるかどうかが決まるとも言えます。

部屋探し 東京

埼玉 一人暮らし

ひとり暮らし 部屋